【服/ファッション】はじめての海外通販ガイド 〜関税・方法・ポイント〜

海外通販とは 海外の業者(通信販売会社、小売店、メーカー、ネットオークション等)から商品を購入し、日本へ送ってもらうこと。 

要は、海外から通販で商品を買う、ことですね。

その中でも、個人使用に特化したものを個人輸入といいます。

税関の説明では、「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」となっています。

「個人使用を目的に」とうたっていることから、個人使用目的でないものは、少量でも商業輸入とされ、関税の課税対象になる場合があるのでご注意を!

買い物のポイント・心構え

海外通販を上手く利用すれば、お買い物の幅が広がります。

以下のポイントを参考にして、お買い物を楽しんでください!

日本未入荷、未発売の商品が買える

最大の魅力です。日本に販売・取扱い店があるブランドでも、サイトの方が種類・サイズ豊富な場合が多いです。
日本に上陸済みのOLD NAVY、バナナリパブリック等も地方在住の方には国内で手に入れるより、個人輸入したほうが早いことも。

また、アバクロ、UGGオーストラリア等日本国内で取扱は多いけど、真偽が怪しいものが多く出回っている商品についても公式サイトから購入するのが安心といえます。

日本で発売されていても、完売等でヤフオク等でバカ高い値段で出ている時は、海外通販なら定価に近い価格で購入できる場合もありましたよ。
*日本国内で買うより安く買える。

最近は円安傾向でこの恩恵はいまひとつですが・・・

それでも、日本国内で取り扱っている(マージン・上乗せたっぷりされている)商品よりお安く買えることが多いです。

特に、ビクトリアズシークレットや子供服ジンボリー等の公式サイトでは、日本のセールタイミングとは別に、ALL50-70%OFF、Buy 1 Get 1(1個買ったらもう1個タダ)、100ドル以上購入で○%OFF、次回利用分50ドルオフクーポンの発行等を頻繁にしていたりするので、タイミングによってはかなりお得に購入できます。

公式オンラインショッピングサイト以外は利用しない

セレクトショップであっても偽物か否かはわかりません。通関で没収されたり、手元に届いてがっかりしないためにも、リスクはなるべく減らしましょう。

特に相場よりも価格が安すぎるブランド品を取り扱っているサイトは気を付けて下さい。

為替レートの動向をチェック

円安傾向か円高傾向かによって大分お得度も違います。ここ数年の動きは1ドル90円~125円。100ドルの商品が9000円で買えるか12500円となるか。

「日本とは違う」

通販に限ったことでもないですが、日本の顧客サービスを期待してはいけません。

メール返信は遅い、もしくはスル―される、誤発送、入荷待ちが引き延ばされる。日本の常識を当てはめては自分がツラくなります。

文化や価値観の違いがあることを理解して、ゆったり構えましょう。

時間に余裕を

ポチリしてからOrderConfirmation(受付確認メール)が到着するまでに1-3日、Shipping information(発送連絡メール)が到着するまでに3日、
それから5~14日位で到着が多いです。

急ぎで必要なものはやめましょう。

トータルコストを考慮して

商品代金以外にも送料+税金(関税・消費税・手数料)がかかります。(※免税の場合もあり。)

あとで計算してがっくり・・・とならない為にも、トータルのコストを踏まえて購入しましょう。

翻訳サイトを駆使せよ

英語が苦手な方はGoogleChromを使うと翻訳機能が使いやすのでよいかも。

個人使用目的であることを意識して

金額が少額でも関税が課税されるか否かは、チェックする税関職員が個人使用の目的と見なすか否かということ。

大概大丈夫だとは思いますが、同じ商品を複数購入したり、個人使用を怪しまれる購入方法はやめておきましょう。インターネット情報漏洩等不安がある方は、自分でセキュリティ対策をしましょう。

① カード情報や個人情報を入力する画面にSSL(データを暗号化)になっているかを確認する。

ページURLの最初が
https・・・SSL導入済
http・・・ SSL未導入(情報漏洩の可能性有) 

② ショッピングサイトがあまり作りこまれておらず、カード情報をサイト画面に入力することに抵抗が有る場合は、メールで2~3回にして分けて情報を送付する等もありです。
その際、送信元のメールアドレスは全て別のアドレスを使用すると尚よし。

③ カードを決裁に使用した場合は、カードの明細に不審なものがないかをしばらくチェックしておく。

買い物の流れ

① 日本へ発送してもらえるかをチェック

ついでに返品可能か否か等shop Policy(利用規約)も確認しておくと安心です。

 

② カートに入れる

サイズチェック、子供服は概ね日本と同サイズ。でもボーイズ(5才~12才)のサイズ感はアメリカンサイズ。

SML表記、7.、8,9,10等年齢表記はアメリカンサイズです。

送料含め、16666円以内に収まるようにするのがベストです。(関税かかりません)

 

③ 会員登録(ログイン)

④ 発送について

⑤ 支払方法

⑥ ポチリ

確認メールは全て3ヶ月くらい保存しておくこと。

 

⑦ 到着したら・・・びりびりに破って開けずに、丁寧に開封。

注文確認メール、同梱されている明細書と商品を照らし合わせて、不備がないかを確認。試着の際は、タグをつけたまま丁寧に試着、扱うこと。

サイトへの返品・交換が困難な場合は、国内で処分してしまうのがおススメです。ヤフオク等に出品できるように、商品は丁寧に取り扱いましょう。

- 保証(補償) ない訳ではないが、例えば$20ドルの商品の返品に往復の送料、英文メールのやり取り等の手間を考えると、ないと思ってやったほうがいいかもしれません。

Amazon(海外版)などは補償がしっかりしているので、専用フォームから申請すれば交換、返品受付となります。

返品した場合、関税も申請すれば還付されます。が・・・

http://www.customs.go.jp/tsukan/iyakuhin.htm
税関サイト返品の際の手続(関税等の払い戻し)

最寄りの税関→郵便局→税関→指定の口座に返金 の流れのようです。

関税・税金ってかかるの?

海外へ行かれたことがある方は思い出してください。

帰国の際、空港でスーツケースや手荷物を受取った後、「携帯品・別送品申告書」なる用紙とともに緑か赤の検査台で持ち物検査されるところ・・・あそこが税関(Japan Customs)です。

税関は輸出入において、避けては通れないところ。
輸出入が禁止されている物がないか調べたり、密輸の取り調べ、課税対象の品物から税金(関税)を徴収することを目的・業務としている国の行政機関です。

図1の税関からお借りした「外国から郵便物を受け取る場合の手続」の青色部分をみていただいてもわかるとおり、外国から輸入する際には必ず税関を通ります。
税関を通って、その際に課せられるもの、要は輸入品に課せられる税が関税です。

税関で徴収されるもの

税関では原則、下記の3つが徴収されます。

・関税 (商品毎に定められた税率により変動)
・消費税 (8%)
・通関手数料 (1荷物につき200円)

ただし、個人使用目的の場合で、かつ商品金額が一定金額以下の場合、3つともに免除(免税)される場合があります。(品物によって免税されないものもあります)

関税って?

税関(Japan Customs)によると、

関税は、歴史的には古代都市国家における手数料に始まり、内国関税、国境関税というような変遷を経てきましたが、今日では一般に「輸入品に課される税」として定義されています。

個人輸入であれ、商用であれ、海外から日本への輸入品に課されるものが関税なのですね。

税関では下記3つの費用がかかります。
・関税
・消費税
・通関手数料

こんなときどうするの?

最後に、海外通販でトラブルになった時の対応方法をまとめておきます。

違うものが届いた

返品・交換 メールしましょう。 
【英語例文集】日本語に訳する時はグーグル翻訳、 Weblio辞書http://ejje.weblio.jp/

サイトへの返品・交換が困難な場合は、国内で処分してしまうのがおススメです。ヤフオク等に出品できるように、商品は丁寧に取り扱いましょう。

 保証(補償) ない訳ではないが、例えば$20ドルの商品の返品に往復の送料、英文メールのやり取り等の手間を考えると、ないと思ってやったほうがいいかもしれません。

AAmazon(海外版)などは補償がしっかりしているので、専用フォームから申請すれば交換、返品受付となります。

返品した場合、関税も申請すれば還付されます。が・・・

http://www.customs.go.jp/tsukan/iyakuhin.htm
税関サイト返品の際の手続(関税等の払い戻し)

最寄りの税関→郵便局→税関→指定の口座に返金 の流れのようです。

イメージ違う、サイズ合わない

返品・交換が可能な場合もありますが、返送の送料や手間を考えると、ちょっと損してでも(場合によっては儲かることも)ヤフオク等で処分してしまうほうが楽な場合が多いです。

もちろん、新品タグ付きが望ましいですが、数回着用後でもニーズが合えば購入価格(関税、送料込)を上回ることもしばしばありました。

試着する際は、包装をそーっと開け、タグは取らず、丁寧に扱いましょう。

一度開封された形跡がある

通関で調べられたのだと思います。何事もなければ、ラッキー。何かあれば通関から連絡が入るので、従ってください。

そもそも英語にアレルギー

日本語対応しているサイトも多いですが、それでも不安や煩わしさを感じる場合は、BUYMA等を利用するといいと思います。

世界中にいるパーソナルショッパーと呼ばれるバイヤーが出品したり、希望の商品を探してくれるサイトで、全て日本語でのやり取りです。

タイトルとURLをコピーしました